​Symposium

​認知症の方の未払い行動を考える
シンポジウム

認知症の方が買い物に行くと、お金を支払うことを忘れ品物を持ってきてしまうという「未払い行動」が起きることがあります。

認知症の方にとっての買い物は、生活必需品を手に入れるためだけではなく、日常生活における楽しみや貴重な社会参加となり自分ができることを認める大切な機会となります。認知症の「未払い行動」は、まだまだ社会に十分理解されていないことから当事者が警察署の中で1日を過ごされたという現実があります。

福岡県若年性認知症サポートセンターでは、そういった話を聞くたびに「未払い行動」が広く理解され、楽しく買い物ができる仕組みが出来ないかと考え、福岡県と共同で未払い行動についてアンケート調査を行いました。この調査をもとに、これから地域に住みながら安心して自分で買い物が続けられるためにどうすれば良いのかを考えるきっかけとして中間市でシンポジウムを開催いたします。

前向きに社会参加できるあたたかい社会作りを皆さんで考えませんか?

​認知症になっても楽しく買い物ができる社会を考える

​~前向きに社会参加できるあたたかい社会を~

開催日/2022年6月26日(日)

場所/なかまハーモニーホール特別会議室

   福岡県中間市蓮花寺3丁目7-1

開演時間/13:00~17:00

開場/13:00~

定員/会場      50名

   YouTube配信  無制限

​参加対象/行政職員、地域包括支援センター職員、障がい者総合法に基づく事業所、介護保険事業

     所、認知症当事者、家族、支援者、一般市民

​参加方法/下記の参加申込用紙にご記入の上、FAX、郵送、お電話、メールでお申込みください。